子育て中のママたちを招いて本日おこなわれたのは、ママのモヤっとする気持ちを解消するための商品開発座談会!産前、産後から大忙しの毎日のなか、ママたちは日ごろどんなことにモヤモヤを感じているのしょうか?

座談会メンバーをご紹介!

ハローエンジェルの商品開発社長
6歳の長男を持つお母さま

岩堀さん
大学卒業後、人材派遣会社で営業とコーディネーターを経験。その後、大好きな広告業界の道に進むが結婚を機にマレーシアへ。現在は帰国して2人の男の子の育児に奮闘中。

細野さん
デザイン雑誌の編集者を経験後、フリーランスに。2人の子を育てながらヨガインストラクターの資格を取得。

新谷さん
求人広告会社で広告営業とコピーライターを担当。産後はWeb、人材系求人広告の編集に携わる。3歳の男の子のママ。1年前にシングルマザーに。

マムズラボ佐藤・信田

育児中に感じる「モヤモヤ」な瞬間って?

みなさんは普段、どんなことにモヤモヤを感じているのでしょう?お話を聞いてみると「自分のペースでできないことの多さ」が共通キーワードになっているよう。だんなさんに対するモヤっと感には、共感の声が多数あがっていました!

たまに家事を手伝うだけでドヤ顔がとまらない夫

★:(夫は)お皿洗いとか4半期に1回くらい、どや顔でやってくれるくらいだった。

★:どや顔するよね…。

★:いっても聞いてない。自分が関係していることだってわかってない。

★:あと、だんなはなんで自分の支度しかしないのか…。

★:ほんとほんと!五分前に起きるみたいな。

★:うちの主人、お風呂のとき、子どものパジャマを出しておかないと必ずつんつるてんのを着せてくるんですよ。聞いたらこれしかなかったって。これを着たら子どもがどうなるとか、これをやってあげたら喜ぶとか、そういうことをあまり考えてあげてない。

★:俺の仕事じゃない。わからないなりにやっている、という感じですよね。

・自分のペースでできないこと、イライラしやすい環境

★:普段の日、仕事に追われて家事ができない焦りがあります。私の場合、食事の下ごしらえとお風呂洗いと洗濯のとりこみが最低ライン。本当はもっとやりたいんですけど、全部が中途半端になる。仕事も家事も強制的にシャットアウトなんですよね。自分のペースでできないことにモヤっとしながら保育園に向かう…。

★:朝、子どもがのんびりごはんを食べていたり、パジャマのままだったり…。そういうとき怒らないでお互い気持ちよくやりとりしたい。自分の声がどんどんあらぶって、それを自己嫌悪しつつも動かないから「行くよ!」とヒートアップしてしまう。

★:あとお出かけのときって持ち物とか、人に会うとか、電車に乗るとか、気にしなきゃいけないタスクが増える。そうすると自分のペースが守れない、約束が守れないってなって焦ったり疲れたりします。自分も子どもも笑顔のままスピードアップできる方法が欲しい。工夫できるアイテムとか、子どもがもう準備しちゃったよ!という感じのゲーム感覚みたいなものがあればすごいじゃん!って褒める。そんな日常がつくれたら、ストレスがなくなるなと思いますね。

■子育ては、こんな方法で楽しくできるかも!

★:ペース配分できなくて子どもにイライラとか、声をあらげたくない。子どもの自主性に任せて自発的に楽しんで進めるようなものがあったらいいですね。

★:たとえば子ども手帳で時間を区切る。おやつとかでもいいんですけど。この時間はおやつの時間ね、この時間はYouTubeチケットね、とか。この時間は歯ブラシだよ、とか。子どもの時間に切って必要なものを中にいれて、これが1日の君の仕事だよってするのもいい。

社長:うちはたまに保育園で預かってもらえなかったとき、会社に連れていっちゃう。そうするとパソコンを前にうれしそうに仕事をやっているフリをするんですよ。「僕社長だからさ」とかいって。「〇〇さんお茶」とかいったりする(笑)。お仕事体験ってあるじゃないですか、キッザニアみたいな。ママの秘書手帳とか、そういうのがあれば。

★:子どもって自分が何をすればいいのかがわってないから可視化してあげるといいって。あるママは手作りでボードにごはんを食べる、お着替えする、みたいなカードをはって裏返すと「できたね。おめでとう!」って書いて。それを全部裏返したらOKというのをやったら、すごくよかったって書いてあって。

■ママの悩みを解決したハローエンジェルならではの商品をご紹介!

本日座談会を開催したハローエンジェルでは、いろんな商品を開発中。この日もすでに販売している人気商品をメンバーに試してもらいました!

・「つわりで、においに敏感に…ダメなにおいはとことんダメ!」

社長:これは出産して初めてつくった妊娠線のクリームです。私、つわりがひどくて無香料も薬剤系もどんなにおいもダメだったので復帰したら絶対つくるぞと思っていました。こだわったのは「におい」。アロマのお店と一緒につくって、塗ったときにオレンジアロマの香りがフワッとする。つわりのとき、すっきりするにおいなんですね。でもずっと香りが残るとつらいから、塗りこんでいるうちに消えるようにつくりました。

★:私もムスクのにおいとかダメっぽい。ごはんもダメでしたね。

★:私、金木犀のにおいがダメで…。秋だったのですごくて。いまだに思い出すとダメですね。

社長:これは本当に私が使いたいと思ってつくった商品。ベタベタ感もつわりの時期はすごく嫌で、それをちょっとサラッとするようなテクスチャーにしました。ポンプで使いやすく、デザインもかわいく、洗面所に置いても気分が下がらないように。

・「出したくてもだせない母乳」

社長:これは最近つくったお茶です。産後、産院でおっぱいが出なくてがんばって飲ませていたんですね。母乳育児に強い産院だったので夜中に時間だよって起こされて、うとうとしながら授乳して。でも少ししか出てなくて、つらかった。「なんでミルク飲ませないの?」っていわれた時もあってイラっとしました。おっぱいを出すお茶を飲んではいたんですけどおいしくなくて。それで飲まなくなったら乳腺炎になってしまって。そのときの助産院はおっぱいを出すためだけの助産院なんですけど、予約がとれないのにすごく人がいて…。こんなに悩んでいる人がいるんだと思って、ずっとお茶をつくりたいなと思っていました。くさみがないので飲みやすいと思います。はいっているのはルイボスティーと小豆、タンポポの根っこ、ハニーブッシュ、ローズヒップだけ。変なものはいれてません。

★:うん、おいしい!ぜんぜん飲みにくくないです。

★:タンポポコーヒーとか母乳伝説に振り回されて買って…。でもタンポポは飲みきれなかった。あんなまずいものは飲んだことなかった。

社長:そうなんです。これはここに書いてあるものしかはいってない。ブレンドをちょっと変えただけで、おいしくできる。妥協したくなくて味にはこだわりました。血を流すので利尿作用、小豆などにむくみ解消作用もあります。みなさんあとでトイレにいきたくなるかもしれません(笑)。

・「産後の抜け毛気になるけど、育毛剤買うのは恥ずかしい!」

社長:産後って髪が抜けませんか?

★:抜けます!

社長:そこで、産後ママ用に医薬と一緒に育毛剤をつくりました。育毛剤を買うのって恥ずかしいじゃないですか。だから、うちのブランド「ハローエンジェル」はママ用だからと使ってくれれば恥ずかしくないかな、と思って。

★:2人目を出産したとき、生命力を持っていかれる感じがすごかった。34歳で2人目だから産後の肥立ちが悪くてたちあがれないし、抵抗力も落ちて風邪ひきやすいし、髪の毛抜けるとか、虫歯になりやすいとか全部きた(泣)。

社長:気持ちの問題もあって自分がおばあさんになっていくというか、退化していくようで気持ちも落ち込んじゃいますよね。

★:白髪を発見したときのショックというか。抜け毛ってその最たるものですよね。

・「子どもは濡れなくても、自分はずぶ濡れ」

社長:うちの商品のなかでも人気なのがこちらです。楽天でいちばん売れている自転車カバー。産後に仕事復帰したとき、お友だちのママがレインカバーじゃなくてベビーカーのカバーのようなものをつけていて…。そこからヒントを得て開発しました。雨の日って、子どもは専用アイテムがたくさんあるけれど、お母さんって寒いじゃないですか。そのために手のカバーをつけました。

★:暑いときは外せるようになっている!これはすごい発明。よく思いつきましたね。

社長:ものはいいので生地も三層にしています。表地は防水になっていて、裏地と中に薄いビニールのようなものをいれていますね。こういう生地は、ほかのところにはないです。

★:うちの子、基本的に後ろにのるんですけど、晴れの日は前にのるんですよ。それで、前に使っていたやつがふにゃふにゃで、つけたり外したりも面倒くさいし、近いから子どもも嫌がる。だから、ガボッてかぶせるだけのを買ったら支えが子どものヘルメットになっちゃって。そうしたらすごく不快だったみたい。動くとその空間が動いちゃう感じで、すごく嫌がるんですよね。

社長:その点も、この商品なら子どもたちはすごく喜びます。初めてのった子は自分の部屋みたい!あたたかい!といってくれるみたいで。前乗せ用はこちらは高さを出すように工夫し高さをつくってます。後ろ乗せ用は5,6歳の男の子でものれるようにただ今開発中です。

★:ネットで買うときは素材が悪いのかな、見えないところが悪いのかなというのがあるけど、これがきたらうれしい!

今回の座談会では、ママが日ごろ感じているモヤモヤの正体が次々と明らかになりました。ママがいつもハッピーでいられるように。がんばるママのための新たな商品開発に、今後も期待したいですね!